iPhoneの画面割れを自分で修理する危険性

iPhone表面のガラス部分というのは、意外に割れやすくなっています。

iPhoneユーザーであれば、これまでに割ってしまったことがある人も少なくないでしょう。

そのiPhoneの画面割れを、中には自ら修理する人がいらっしゃいます。確かに、自分で修理を行えば修理代が浮くため新品のディスプレイ料金で済みますが、そこには多くの危険が潜んでいます。

iPhone

iPhone

とても繊細な機器です

電波法違反

電波法違反

自己修理は危険

自己修理は危険

修理はプロに任せましょう

・修理が上手くいく保障はない

まず、自分で修理を行ったとしてもそれが上手くいく保障はどこにもありません。

修理を考えている人の中には精密機器に強い人はいるでしょうが、「精密」と呼称するほどの機器ですから、その仕組みを完全に理解するのは難しいものです。仮に見た目上はキレイな仕上がりになっていたとしても、内部では不具合を起こす可能性もあります。このような不具合をきっかけに、データの消失などが起こってしまっては元も子もありません。

百歩譲ってこれまでにiPhone以外のスマートフォンの修理を行っていた人ならまだしも、素人では修理が上手くいく可能性は低いと言えます。

・電波法違反となる可能性も

日本では「電波法」と言われる法律が定められています。その電波法に伴い、自らiPhoneの修理を行うとその電波法に抵触する可能性があるのです。それはつまり、自分で修理を行うことは、電波法に抵触するリスクを考慮しなければなりません。仮に抵触した際には、店頭で修理してもらう何十倍の罰金を支払わなければならない場合もありますので、やはり店頭にて修理するのが安心です。

当店は八王子駅前にて、iPhone画面割れやiPhoneガラス割れなどの修理を行っております。

もちろん、iPhone液晶割れのiPhone液晶修理も承っております。iPhoneの画面が割れてしまった際には、ぜひ当店にご相談ください。

Copyright©2017 iPhoneの修理・カスタマイズ専門のアイフォン修理八王子店 All Rights Reserved.